あまりに大きい2点リード。1stレグで築かれた数字以上のマージン

 現地時間9日、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝2ndでモナコをホームに迎えるユベントス。アウェイで行われた1stレグで2-0と快勝し、決勝進出に向けて盤石とも思える状況だ。まさに鉄壁と言えるイタリア王者の守備力だが、付け入る隙があるとすればそれは何なのだろうか。(取材・文:神尾光臣)

———————————–

 1stレグでユベントスは優位に立った。アウェイで相手にゴールを許さず、2点を奪ったというアドバンテージは大きい。モナコが90分間で逆転の決勝進出を狙うには、この2ndレグで3ゴール差をつけなければならず、延長戦に持ち込むにしても失点を許さずに2点を奪わなければならないわけだ。

 ただ果たしてそれが、守備の堅いユーベに対して可能なのか。1stレグではジャンルイジ・ブッフォンのファインセーブに少なくとも2度助けられたシーンは確かにあった。だが、14本あったモナコのシュートのほとんどは、組織守備でコースを切られた末に打たされたものだ。攻撃でもユーベはあっさり敵の弱点を突いた。

 選手個々の力量と経験値、またチームとしての完成度を見せつけたという意味でも、1stレグで築いたマージンは点差以上に大きいものがあったと言える。… ユーベは我われのストロングポイントを全てブロックした。明日結果を出したいと思うなら何かを変えなければならない。さもなくば1stレグの繰り返しになる」。8日の記者会見で、モナコのレオナルド・ジャルディム監督は語った。

 しかし、ユーベのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は警戒する。シアリス 通販「サッカーの試合中には、何が起こるかわからない。相手には若いタレントが揃っているし、集中力を高めて臨まなければならない」。ユーベが足をすくわれるとしたらどういうところか。そこをモナコに付け入られる可能性はあるのか。2ndレグの焦点は、そこにある。 リーグ戦では主力を温存。疲労の心配は少なく

 さてユーベだが、威哥王リーグ戦では2戦連続のドローを喫してしまった。6日は、モナコ戦の1stレグから中2日でトリノとダービーマッチをやるというハードな日程。そして1-1に終わり、リーグ戦では実に33試合連続となっていたユベントス・スタジアムでの連勝記録がストップしてしまった。

 しかもトリノは、かなり微妙な判定により退場者を出している。温存していたゴンサロ・イグアインを途中出場させ、彼のゴールでやっとドローに持ち込んだ試合で、内容を見ればユーベが負ける可能性も十分に高かった試合だ。

 しかしこれは、コンディション面の不安を意味するものではない。むしろ逆だ。アッレグリ監督は、1stレグのスタメンから実に8人を入れ替えてトリノに挑んでいたからだ。…


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-09 (火) 17:50:11 (16d)