こんな症状が出たら、早急に精力増強を

精力が減退してくるといくつかの症状が見られるようになります。代表的なものをお伝えします。

精力減退と性欲減退は違います。威哥王性欲減退はセックスもマスターベーションもしたくなくなることを意味します。一方、精力減退は、性欲はあるものの、勃起した状態を持続できなかったり、勃起力が弱くて最後までセックスをフィニッシュできないことを表します。

精力減退の主な症状は次の通りです。 勃起不全

セックスの最中にペニスが萎えてしまう「中折れ」や、勃起力が弱くてセックスができないことを勃起不全といい、40代以上の男性の一部に見受けられる症状です。一般的には「ED」(Erectile Dysfunction)と呼ばれます。 また、ペニスがピクリとも動かない、あるいは「半勃ち」さえもままならない状態のことを「インポテンツ」(勃起不能)という場合もありますが、「不能」という言葉が必要以上に人を傷つけるおそれがあることなどから、最近ではどちらもEDという呼び方で統一するのが一般的です。 早漏

セックス中に自分の意思に反して、すぐに射精に至ってしまう場合、早漏であることが考えられます。日本人男性の何%が早漏なのかといった点については、公式なデータがないため明確なことはわかりません。 挿入してから何分以下なら早漏に該当するのかという点についても、早い・遅いを感じるのは女性の好みの問題もあるので一概には言えないでしょう。ただし、いつも女性がエクスタシーを感じる前に射精してしまう場合は、早漏を疑ったほうがいいかもしれません。 マスターベーションする気がしない

マスターベーションをしなくても健康面に大きな影響があるわけではありませんが、これまで週に3回くらいしていたのに、今では月に1、2回くらいとなったら、精力減退は明らかです。

ほかにも、「シアリス 通販女性の裸を見てもムラムラしない」「朝勃ちしなくなった」など、下半身に元気さを感じなくなっている場合は、精力が減退している可能性が高いと言えます。 老いは下半身から…精力を減退させる原因とは?

精力減退を引き起こす主な原因についてお伝えします。 加齢

精力が減退する原因の一つは、加齢による男性ホルモンの減少です。男性ホルモンは男性器の生殖機能、体つきや精神面などに深い関わりを持っており、25歳を過ぎると少しずつ減少し始めると言われています。 ストレス

ストレスによる精力減退については身をもって感じるという人も多いのではないでしょうか?仕事やプライベートでも過度のストレスを感じているときは、セックスどころではなくなるもの。ストレスによる自律神経の乱れなどから男性ホルモンの分泌が抑制されると、精力減退へとつながります。 生活習慣病

不規則な生活や運動不足による肥満、生活習慣病も精力減退を招きます。なかでも糖尿病は、中高年患者の約80%がEDを発症していると言われます。糖尿病による動脈硬化で男性器へ血液が行き届きにくくなるのが原因と見られます。 喫煙

タバコに含まれるニコチンには血管の収縮作用があります。その結果、男性器への血流の流れが悪くなり、EDにつながります。セックスの最中に中折れし、女性に「ちょっと一服すれば大丈夫だから」などと言い訳して喫煙すると逆効果になりますので、ご注意を。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-21 (金) 17:31:28 (212d)