男性の更年期障害とは?やる気が出ないのは更年期障害が原因かも!?

「最近、やる気が出ない……」「疲れが取れにくくなった」と思いながらも、放置したまま過ごしていませんか?それは「更年期障害」かもしれません。更年期障害と聞くと女性特有の症状と思われがちですが、実は男性にも更年期障害があります。更年期障害は、ホルモンバランスが崩れることによる心や身体の不調です。女性に比べるとまだ認知度が低いため、医師に相談することなく気付かないうちに進行している場合もあります。しかも鬱との見分けがつきにくいという厄介な特徴もあります。 今回は、「ひょっとして鬱かも!?」と思っている中高年男性を対象に、男性の更年期障害の基礎知識と対処法をご紹介します。

男性の更年期障害の原因は?

男性の更年期障害は、正式には「LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」と呼ばれています。LOH症候群は、男性ホルモンの減少に伴い40代から60代と幅広い年齢層で発症します。これまでは医者の間でさえ、男性の更年期障害に対する理解度は高くありませんでしたが、最近では広く認知されてきました。

そのきっかけの一つが、テレビ番組でもお馴染みだった漫画家の故はらたいらさんでした。「男の更年期」をテーマに、49歳頃から発症した自分の経験に基づく体調の変化について、著書で公表。やる気が出ないのは怠けているのではなく、更年期障害が原因だということを世間に伝え、認知度を高めました。 更年期障害の原因

男性の更年期障害は、「テストステロン」という威哥王男性ホルモンの減少が原因と言われています。テストステロンは、20代から30代をピークに、40代後半くらいから次第に減少します。分泌量には個人差があり減少の仕方も異なりますが、低下の原因は加齢のほかに、ストレスも関係しています。

発症するきっかけは、男性ホルモンの低下に加え、精神的なストレスや環境の変化などです。40代後半くらいの男性は、職場や家庭での立場や責任が重くのしかかり、心身ともにストレスが溜まります。なかでも、職場の人間関係や家庭内での問題が原因として大きいと言われます。 男性ホルモン「テストステロン」

シアリス 通販一般的に男性ホルモンの減少というと、勃起不全(ED)や性欲減退など生殖機能への影響のみと考えられがちですが、テストステロンはやる気や意欲にも大いに関係しています。 活力や積極性の源泉となるさまざまな働きを司るので、減少すると肉体的にも精神的にも影響が出てきます。テストステロンの減少が進むと、高血圧やメタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)など、生活習慣病に影響することもわかっています。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-21 (金) 17:29:18 (91d)