Web Tips
back index mail link
head
spacer
デザインの裏技について spacer Photoshop spacer Illustrator
spacer
font HTML 素材
spacer
コラム art book サイトマップ
spacer
Link
 
Creator's Net Creator's Net 自己破産Navi
spacer
美白 de 美肌 ChaoScope Wiki
spacer
spacer
photoshop logo
   







■Photoshop基本講座>>ファイル:新規作成を究める。
■左の画像が私の普段の新規作成画面だ。(Windows)

何かと軽視しされ勝ちな新規作成画面だが、サイズを決めてOKを押すだけではあまりに勿体無い。
ちゃんと他の項目も理解して作品の出来、不出来に繋げよう。
場合によってはここの設定をミスしただけで後で取り返しがつかなくなり、作り直しなんていう状況に陥ることがあるくらい、重要なのだ。
■上から順に
1、ファイル名:
2、プリセット:
3、幅:
4、高さ:
5、解像度:
6、カラーモード:
7、カンバスカラー:
と項目がある。
順をおって説明して行くので、長いチュートリアルになってしまうが辛抱して欲しい。
一度読んでしまえばその分ちゃんとした糧となるだろう。

 1、ファイル名

 その名の通りファイル名だ。
分かりやすい名前を入力して後で作ったファイルを見失わない様にしよう。

*注意点*
 体験談なのだが、事業用のプリンタで出力する時にファイル名に全角文字があったり、あまりに長い半角文字を入力するとプリンタから出力される速度が遅くなったり、パソコンがフリーズしてしまう事があるので注意しよう。

 

 2、プリセット

 プリセットとは、「あらかじめ設定(セット)してある」という意味だ。
プリセットの選択欄にはよく使いそうな定型サイズ(「A4」や「B5」等定められたサイズ)や、手紙のサイズまで選べるようになっていて選択するごとに高さと幅、解像度を自動的に変えてくれる。

 普段定型サイズにないが、よく使うものはプリセットに保存を押してセーブしておく事が出来る。一々設定を覚えていなくていいので楽をできる機能だ。

 

 3、4、幅、高さ


さて、幅と高さを決める際によく注意しなければいけないのは「単位」だ。
同じ数値を入力しても単位が違うだけでサイズは物凄く違ってしまう。
ここでは単位を細かく説明するので、使う単位の事くらいはちゃんと読んで覚えておこう。

・「pixel」とは

 デジタル画像を構成する単位である、色のついた「点」。デジタル画像は正方形(まれに長方形)のピクセルを規則正しく縦横に並べることで一枚の画像を表現する。実際には右の図などより遥かに多くの点によって表現されている。
ソフトウェアによっては、色だけでなく奥行きや透明度などの様々な情報が与える場合もある。画素と呼ばれるものも、これの事だ。

 ピクセルが多いほど繊細な画像表現が可能になる。
デジタルカメラの性能の基準のひとつに画素数があるが、これはいくつのピクセルで撮影することができるかという意味である。 解像度という言葉については、「5、解像度」にて説明する。

 

「pixel」のイメージ画像です

・「inch」とは

 1インチ、2インチとよくサイズ表示で使われるタイプサイズ単位の一つ。
72 point = 6 pica = 1 inch = 9144/360 mm = 約 25.4 mm

 関連用語としてはDPI(Dot Per Inch)という単語が存在する。(読み方:ドットパーインチ)
プリンタやスキャナなどで使われる解像度の単位。
1インチを何個の点の集まりとして表現するかを表す。
この値が高いほどより写真に近い美しい表現が可能となる。
近頃は雑誌ならば---dpi,新聞ならば---dpiといった具合に基準が存在する。その点についても、後の「5、解像度」で触れることにしよう。

 

・「cm」、「mm」とは

 小学校でみんな習っただろう。長さの数学的単位だ。
1cmは10mm。1mは100cm。
10.34cmと入力する事で10cm3.4mmのサイズを作る事が出来る。
小数点表示が可能だという事だ。


・「point」とは

 タイプサイズの単位。
1 point = 1/12 pica = 1/72 inch = 127/360 mm = 約 0.3528 mm
という見方が現代では主流である。

・「pica」とは

 タイプサイズの単位。
12 point = 1 pica = 1/6 inch = 1524/360 mm = 約 4.2333mm
という見方が現代では主流である。

・「コラム」とは

 ページレイアウトを組むときに段を組んで枠を作ることがあります。
コラムとは、このとき作られた枠のことをいいます。
画像のサイズの単位としても存在する。

 DTPソフトで段組みの段(コラム)の大きさに合わせた画像を作成したい場合に、画像の幅の単位を「コラム」にして画像サイズを指定することができます。
このときの1コラムあたりの大きさの設定を行うのが<コラムの大きさ>です。

*タイプサイズについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。








back
<<Photshopコンテンツメインに戻る
bottomimage
copylogo
Web Tips copy right© 2006.ぶっぽ allrights reserved.