Web Tips
back index mail link
head
spacer
デザインの裏技について spacer Photoshop spacer Illustrator
spacer
font HTML 素材
spacer
コラム art book サイトマップ
spacer
Link
 
Creator's Net Creator's Net 自己破産Navi
spacer
美白 de 美肌 ChaoScope Wiki
spacer
spacer
contents







■Photoshop基本講座>>【Photoshop EPS保存形式】を究める

EPS保存形式とは

■EPS = Encapsulated PostScript

カプセル化されたポスト・スクリプト。
薬のカプセルと同じ考え方で、胃の中でカプセルが溶けて薬成分がでてきます。
書類に貼ったEPSは出力機(RIP)の中で実データとして取り扱われます。

WINやMacのOSはPostScriptで記述された画像なりオブジェクトを解析できません。
つまり、目に見える形では表示できないのです。
しかし、EPSは低解像度のプレビュー画像をそのデータの中に同時に持っています。
EPSを配置すると、その低解像度のプレビュー画像が表示されます。
プレビュー画像は高解像度の実画像だと 表示が重くなるので低解像度になっています。
しかし今のマシン環境は強力ですので、EPSではなくPSDのまま貼ることも多いです。

■エンコーディング

もともとはパスを持ったベクトルデータ+プレビュー用72dpi画像ですがビットマップも同時に保存できるように拡張されています。
そのビットマップの保存形式をどうするかがエンコーディングです。

JPEGは内封された画像がJPEG形式で圧縮されます。圧縮率や画像によって容量は変わりますが一般的にバイナリの場合の100分の一位まで圧縮されます。(Illustrator8まではリンクしかできず分版できませんでした。)

バイナリは圧縮せずパソコン内部で使う形式に近い形式で保存されます。

ASCIIは圧縮せず1バイトずつまとめて保存されています。

エンコーディングは出力環境に依存しますので、どれが正しいというのはありません。
ASCIIにしておけばオールマイティですが、ファイルサイズが大きくなります。
どれにするかは出力する印刷会社・製版会社に確認しましょう。
ちなみにASCIIは、
×ASCU(ASC2)
○ASCII(ASCII)
です。最後はI2個なので、注意しましょう。

ASCII85はUNIXで使われていた形式だそうでCS以前では開かないそうです。
開いても解像度が変わってたりする例もあるようです。

ハーフトーン、トランスファ関数はチェックを入れないのが普通です。

詳しく

■TIFF (1bit/pixel)
プレビューをTIFFの1ビット72dpiで保存します。
配置した場合、画像がカラーモノクロを問わずモノクロで表示されます。
Win、MACを問わず使用できます。(MACの一部ソフトでは正常に表示できない場合があります)

■TIFF (8bit/pixel)
プレビューをTIFFの8ビット72dpiで保存します。
画像を配置した場合カラーで表示されます。
Win、MACを問わず使用できます。(MACの一部ソフトでは正常に表示できない場合があります)

■Macintosh (1bit/pixel)
プレビューをPictの1ビット72dpiで保存します。
配置した場合、画像がカラーモノクロを問わずモノクロで表示されます。
Winでは表示出来ません。

■Macintosh (8bit/pixel)
プレビューをPictの8ビット72dpiで保存します。
画像を配置した場合カラーで表示されます。
Winでは表示出来ません。

■Macintosh (JPEG)
プレビューをPictの8ビット72dpiで保存しさらにJPEGで圧縮します。容量が減るわけではありませんが色数が増えるため綺麗になります。
画像を配置した場合カラーで表示されます。
Win(およびQuickTimeの無いOS9)では表示出来ません。

Mac-EPSのプレビューデータは、リソースフォーク内に格納されているのに対してTIFFプレビューはMac/Win共にデータフォークに格納されています。



■リソースフォークとは

Macintosh特有のデータで、Windowsではリソースフォークという概念自体がありません。そのため、Windows2000Serverや2003ServerなどのFileForMacintoshサービスを経由しない限り、Windows上でリソースファイルにアクセスすることができません。

ちなみに、Windowsでもアクセスできるデータ部分をデータフォークと言います。



MacのファイルをWindowsに持っていくとアイコンが落ちてしまうのは、アイコンデータがリソースフォーク内にあるからです。

Stuffitの自動解凍形式をWindowsのStuffitで開けないのも、自動解凍に必要なデータの一部がリソースフォークに入っているためです。
(通常のsit形式はデータフォークのみなのでOKです)



MAC上でTIFFのプレビューが時としてうまく表示できないのはTIFFの画素の整列順がMACとWINで違うため、またはソフトのバージョンの違いのせいです。

ファイルメニュー>開くで形式からEPS PICT(TIFF)プレビューを選ぶとプレビュー自体を開くことが出来ます。

最終的には印刷会社の環境にもよりますので、ちゃんと問い合わせた上でどれで保存するのかを決めましょう。

また、EPSはポストスクリプト対応のプリンターで印刷しないと72dpiのプレビュー画像として印刷されます。








back
<<Photshopコンテンツメインに戻る







bottomimage
copylogo
Web Tips copy right© 2006.ぶっぽ allrights reserved.