Web Tips
back index mail link
head
spacer
デザインの裏技について spacer Photoshop spacer Illustrator
spacer
font HTML 素材
spacer
コラム art book サイトマップ
spacer
Link
 
Creator's Net Creator's Net 自己破産Navi
spacer
美白 de 美肌 ChaoScope Wiki
spacer
spacer
illustrator logo
   







■Illustrator基本講座>>スライスツールを究める。

 スライスツールとは?


左のアイコンがスライスツールを表します。

スライスツールを利用する事によって、アートワークを分割するツールです。

分割と言っても、パスを切断するツールではないので悪しからず。

分割したスライス毎に異なる画質を設定して保存する事などが出来ます。

1、スライスツールを選択します。

2、マウスポインタの形がアイコンの形に変わるります。

3、アートワーク上をドラッグすると、長方形のパスが描かれ、そのパスに沿ってアートワークをスライスして行きます。

上の画像がスライスツールによって、アートワークを分割した状態の画像です。

自分自身で範囲を選択したスライス(ユーザー定義スライス)の他に、同時にイラストレーターが自動で計算してくれる分割(自動スライス)が発生しています。

1、ユーザー定義スライス(左上の青い線で囲まれている部分)

2,3、自動スライス(左下、右部分のピンクの線で囲まれている部分)

編集できるのは、ユーザー定義スライスのみです。自動スライスを直接編集することは出来ません。

という事です。

 

スライスツールを究める


■ユーザー定義スライスを編集する。

 ・スライス選択ツールを選択した状態で、ユーザー定義スライスを選択してドラッグする。

 ・ダイレクト選択ツールを選択した状態で、ユーザー定義スライスのアンカーポイントを動かす事によって自由な形に変更することが出来ます。

■アートボード全体をスライスする。

 アートボード全体をスライスしたい場合、「オブジェクト」→「スライス」→「アートボードでクリップ」を選択する事によって実行されます。

■スライスによる保存方法

スライスによって分割したアートワークを利用して、テーブルやCSSを手軽に製作することが出来ます。

手順は下のとおりです。

1、スライスツールでアートワークをスライスする。

2、ファイル→WEB用に保存を選択する。

3、ファイルの種類から「HTMLのみ」を選択した場合、画像へのリンクが含まれたHTMLファイルが保存されます。

  「HTMLと画像」を選択した場合、HTMLファイルと画像ファイルが同時に保存されます。

4、出力設定画面にて「テーブルを生成」か「CSSを生成」のどちらかを選びます。

5、後は設定を個人個人の利用方法にあわせて設定するだけです。








back
<<Illustratorコンテンツメインに戻る







bottomimage
copylogo
Web Tips copy right© 2006.ぶっぽ allrights reserved.