thank you for your access
自己破産Navi
yazirusi english
yazirusi link
design
color
HOME space 自己破産Naviについて space 自己破産とは space 自己破産の仕方 space 債務整理に関する知識 space 借金に関するよくある質問
point自己破産Naviについて

image

point 自己破産とは?

自己破産とは、原則として破産の決定を受けた時点での自分の財産(生活に必要なものを除く)を失う代わりに、すべての債務を免除され、破産宣告以後の収入や新たに得た財産を債務の弁済に当てることなく、自由に使うことによって借金超過者を救済し、経済的な回復を図る為に国が作成した制度です。

一般の人にとって、聞こえの良いものでは無いようでこの制度を適応されることによって、十分な社会生活が出来ないと感じていらっしゃる方もいるようですが現実にはそんな事はありません。また、人間性の否定に繋がるという事でもありません。

平成17年1月1日施行の新破産法により自己破産制度は今まで以上に利用しやすくなりました。

自己破産の手続きの流れは、簡単に言うと3つのステップに分かれます。

1、借金をどうしても返せない(支払い不能な状態)人が自己破産の申し立てをします。

2、破産宣告を受けます。

3、免責の申し立てをして免責を受けます。

詳細な自己破産の手続きの流れは「自己破産の仕方」をご覧ください。

 

■自己破産による不利益

当事者に立とうとする人にとって、一番気になる項目であると思われるのは、自己破産をする上でどの様な不利益が生じるかと言う事でしょう。

具体的に挙げますと、下のような事が自己破産によって生じます。

1、市町村役場の破産者名簿に記載されます。(公的な身分証明を発行するための資料なので一般の人は見ることができません。免責の決定後、抹消されます。)

2、官報に掲載される。

3、公法上の資格制限(破産者が弁護士、公認会計士、司法書士、税理士などの資格所有者である場合、資格停止になり資格を通じた業務をすることができません。)

4、私法上の資格制限(破産者は後見人、保証人、遺言執行者などになることができません。また、合名会社、合資会社の社員および株式会社、有限会社の取締役、監査役については退任事由になります。)

5、一定期間ローンやクレジットを利用することができなくなります。

(破産管財人事件の場合以下の6〜10が追加されます。)

6、自分の財産を勝手に管理、処分できなくなります。

7、破産管財人や債権者集会の請求により必要な説明をする義務を受けます。

8、 裁判所の許可なしに住所の移転や長期の旅行をすることができなくなります。

9、裁判所が必要と認める場合には身柄を拘束される場合があります。

10、郵便物は破産管財人に配達され、破産管財人は受け取った郵便物を開封できます。






design
用語の解説 sousyoku
・債務

特定の人に対して、一定の給付をしなければならないという義務。
line
・免責


債務者が債務の全部または一部を免れること。

line
・官報


法令・条約・予算・告示・国会事項・人事・叙任などを、国が一般国民に知らせるために大蔵省印刷局から発行する日刊機関紙

line
・債務整理


自己破産以外にも解決策は存在します。
そういった手続きの方法、内容を紹介します。

line
・破産管財人


裁判所により選任され、破産債権の調査・確定、財団債権の弁済などを行う者。

line
・司法書士

司法書士法に基づき、他人の嘱託を受けて、登記・供託の裁判所・法務局に提出する書類の作成を代行する者。
line
・弁護士


当事者その他関係人の依頼または官公署の委嘱によって、訴訟事件・非訟事件・行政庁に対する不服申し立て事件に関する行為、その他一般の法律事務を行うことを職務とする者。
弁護士法によって定められた一定の資格を有し、日本弁護士連合会の備える弁護士名簿に登録されていなければならない。


 
  copyrights (C) 2006 Web Tips All rights reserved.