カクテルデザイン
ウィスキー (Whisky)


 ウィスキーとは、穀物を主原料とした蒸留酒を示します。

 蒸留後、3年以上貯蔵熟成させて美しい琥珀色とコクを作り出している。

 ウイスキーは原料・製法の違いによって、モルトウイスキー・グレーンウイスキー・ブレンデッドウイスキーに分類されます。

 モルトウイスキーは原料に大麦麦芽(モルト)だけを使い、単式蒸留器(ポットスチル)で蒸留したもの。個性的な強い味と、豊かな香りが特徴のウイスキーです。

 グレーンウイスキーは、トウモロコシ・小麦など未発芽の穀類を蒸煮し、そこへ麦芽を加えて糖化した後で酵母を加えて発酵、連続蒸留器で蒸留したもので、香味の軽さが特徴です。

  ブレンデッドウイスキーは、複数のモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたものです。

 日本産のウィスキーはナイルドな口当たりが特徴です。

 全世界で消費されるウィスキーの9割は、ブレンデッドウィスキーですが近頃は個性を楽しみたいという流れが強くなってきていて、モルトウィスキーの人気が高まっています。

■ウィスキーの由来

 ウィスキーの起源については未だ謎が多く、数ある説も明確ではない。

 イングランドのヘンリー2世がアイルランドに上陸した時に発見した蒸留酒がウィスキーの前身であるという説が今の所、有力ではある。

 4世紀ごろ、錬金術師によって蒸留酒は偶然造られ、それ以来世界各国に広まり名前を変えてきた中の一つがウィスキーであると考えられている。

 地方、地方で「生命の水」という意味の単語を名前につけられていたという。

【代表的なウィスキー】
フォアローゼズ
スーパーニッカ
サントリー山崎
リザーブ

お酒について

カクテルのベースとなるお酒は多種多様です。
作る人によって、違う味に生まれ変わるのです。
まるで魔法のようですね。

カクテルを作るなら、お酒の事も詳しくありたいですよね。
勿論、カクテルを作るのが上手い人のほとんどがお酒に詳しい人です。
材料を知らないで、美味しいカクテルはできませんね。
copy rightc 2006.Web Tips allrights reserved.