カクテルデザイン
バースプーンとは (about Bar Spoon)

 
  材料をステア(混ぜる)するための柄の長いスプーン。

 中央がらせん状にねじれているものが多いのはスムーズに回転させながら混ぜられるようにという配慮らしい。

 先端部分は片方がスプーンで、片方がフォークになっている。

 スプーンは大きさが決まっている為、混ぜる以外にも軽量スプーンとしての役割も果たす。

 フォークは瓶詰めのチェリーやオリーブ、缶詰のパイナップル、レモンやオレンジを飾るときなど色々な用途に使われる。

■購入時のポイント

 なるべく大きく、柄の長い物を購入しよう。

 大は小を兼ねるではないが、グラスの深さが不均一なせいで、ステアする際にバースプーンが底まで届かないという事態が起きないようにするためだ。

 

カクテル作りに使う道具について

これら全てが無ければ、カクテルを作れないという訳ではありません。
家庭内にある色々な物で代用できる事もあるでしょう。
しかし、これらの道具がある事によって更に美味しいカクテルを目指すことが出来ます。
シェイカーの振り方一つで、カクテルの美味しさが決まると言われているほど
繊細な世界ですので、どうせカクテルを楽しむのなら一式持っていても良いと思うのです。

最低でも、シェイカーは持っておきたいところです。
慣れないうちは、メジャーカップがあると心強いですね。
copy rightc 2006.Web Tips allrights reserved.