美白 de 美肌
for your beauty
 
HOME srice 美肌への道 srice 美白への道 srice 美容知識 srice 用語解説 srice 書籍紹介
image
化粧品メーカー解説
アテニア(ATTENIA)
アユーラ(AYURA)
アナスイ(ANNASUI)
イーエスエス(ESS)
エクスボーテ
オッペン(OPPEN)
オルビス(ORBIS)
カネボウ(Kanebo)
キャシーズチョイス
グラスオール
コーセー(KOSE)
再春館製薬所
資生堂(SHISEIDO)
ジュジュ(JUJU)
セレヴィーナ
草木最果
ソフィーナ(SOFINA)
SONOKO(ソノコ)
ステファニー
DHC化粧品
ドクターシーラボ
etc...
color
point  

草木最果


草木最果の特徴

「生命力を肌へ伝える、草と花と木と果実」

日本の植物が持つ豊かな生命力を、肌に応用させる。

そんな思いから、草花木果は生まれた。

植物のやさしいつよさが、肌に長くつづく輝きと美しさを育む。

草花木果は、日本の身近な植物から採取した成分を利用してコスメとして応用している。

美肌効果があるとされるゆず・緑茶・どくだみ・よもぎ等を、基本としている。

4種の植物それぞれが異なるちからで肌に働きかけ、気になる悩みを解決する。

はじめて草花木果に出会う方はその香りと色によく驚く。

合成香料やタール色素などは一切使わず、植物の貴重な精油や天然色素だけでつくられているからだ。

肌とこころで植物に浸ってリラックスシナがら出来る手入れが、草花木果の特長。

 

草木最果について

草花木果は、資生堂関連企業「株式会社キナリ」の通販限定化粧品。

自然から授かる豊な恵みや知恵を、現代の生活に取り入れていこうという思いを、日本語の「生成り(きなり)」に由来する社名に込めて設立した。

草花木果の製品は天然の成分を含んでいるため、通常のコスメよりも厳しいチェックの中つくられている。

繰り返しテストをおこない、安全性の確認を十二分に行った後に、草花木果化粧品の素材として使われる。

最近は、ネット上や女性誌などで、草花木果をよく見かけるようになりました。

これも、自然化粧品の重要性が向上しているという事だろう。

ゆず・緑茶・どくだみ・よもぎの中では特に、ゆずとどくだみに人気がある。

 

 

草木最果公式HP

http://www.sokamocka.com/shop/top/top.aspx

design
foot foot design
  Copyright (c) 2006 Web tips All rights reserved.